​届ける。伝える。
すべての企業様・店舗様の
イメージアップに貢献する​専属撮影サービス
​〜キャリー・フォト〜

専属フォトグラファーを持つ、という選択肢。

専属フォトグラファーの必要性

1回の撮影だけに終わってしまうと、御社スタッフが撮影する写真や他のカメラマンの撮った写真が混在することになります。テイストの違う写真が混在することは、伝えたいイメージが伝わりにくい結果を招きます。

キャリーフォトは、企業や商品をブランディングする上で重要なトータルでのご提案をします。

トータルでのご提案

年間通して、季節に応じた商品展開や新作の入荷など、1回の撮影にとどまらずトータルでのビジュアル戦略をご提案します。

また、内容もバラエティに富んだ撮影が可能です。例えば、1回目は社長様・役員様のポートレート、2回目はオフィス・店舗撮影、3回目は商品撮影など、様々なお写真が撮影可能です。

こんな撮影ジャンルにお応えします。

商品

アパレル

​ビューティー

飲食

サービス

 

こんな課題を解決します

  • ホームページやSNS投稿用写真の撮影に苦労している

  • 写真を投稿しても、いいねやフォロワーが増加しない

  • 広告写真のテイストがお店のイメージに合わせられない

実績のあるプロのフォトグラファーによる撮影だから、課題解決につながる写真を提供できます。特にInstagramの投稿は、単にきれいな写真というだけではエンドユーザーには響きません。
 

いいね⤵︎

バリエーション

テイスト

魅力あるアピールをするために

広告用に撮影された画像だけの投稿では、ユーザーに響かない

InstagramなどのSNSで効果があるのは、商品・サービスがただわかりやすく写っているだけの写真ではありません。また、メーカー支給などの広告写真は、SNSではユーザーの目に留まることは少なく、宣伝効果があまり期待できません。

オンラインメディアではビジュアルコミュニケーションが重要
効果的な写真の活用をするには、商品・サービスだけではなく、小道具を使うなど、世界観を表現することが重要です。また、写真にもファッションのようにトレンドがあり、流行にあった雰囲気にすることが必要です。

​撮影事例

イメージのわきやすい構図

web媒体の中でも目に留まりやすい写真にすることができます。

商品だけではなく、店舗内外観からスタッフポートレートまで。

よりサービスや店舗、会社のブランドイメージを理解してもらえる写真をつくり出すために、必要な写真ジャンルすべてを網羅し、撮影します。

光を意識した撮影

光をうまく利用することで、ナチュラルな雰囲気の写真や、グラフィカルなイメージを作ることができます。クライアント・消費者の目を引く特別な世界観を表現します。

制作STEP

​1

申し込み

application

お見積もりに基づき、お申し込みいただきます。

事前ヒアリング

Meeting

フォトグラファーが、コンセプトやイメージをお聞きし撮影内容をご提案します。

撮影

Shooting

当日は、事前お打ち合わせさせていただいたフォトグラファーが撮影させていただきます。

納品

Delivery

レタッチした画像データを後日納品させていただきます。急ぎの納品などもご相談ください。

 

料金プラン

1回あたりの撮影料

¥50,000~

年間契約が基本となります。

*消費税別途。

*1回あたりの撮影時間によって料金が変わります。

*上記のほかに出張撮影費がかかります。

​*スタジオ撮影の場合は、別途費用がかかります。

​*1年契約となります。詳細はお問い合わせください。

現在ここに表示する 商品はありません。

よくあるご質問

Q. 夜間の撮影をお願いできますか?

A. 24時間、いつでも撮影可能です。ただし、早朝、夜間は別途費用がかかります。

Q. 納品後の画像をいろいろな媒体でも使えますか?

A. 納品画像は、期間や用途に制限なくご使用いただけます。写真はホームページ、SNSやブログなどのデジタル媒体だけでなく、店頭ポップなどの紙媒体にもお使いいただけます。
 

Q. 社員証などの顔写真の撮影は可能ですか?

A. 承っております。必要に応じて背景紙を使用しております。

Q. スタジオでの撮影も可能ですか?

A. スタジオ撮影も承っております。商品・サービス撮影のほか、店舗写真、人物撮影についても撮影可能です。料金につきましては別途お見積もりさせていただきます。詳しくはお問い合わせください。

 
  • White Instagram Icon

© 2020 Carry-Photo